看護中間管理職

看護師のキャリアアップは看護技術のレベルを上げるという方法の他に、管理職になり、看護師のマネージメントを行う方法でのキャリアアップの方向もあります。
管理職には看護主任と看護師長とがあり、主任の上司が師長という関係になっています。さらにこの上になると総看護師長・看護部長になるわけですが、小さな病院では部長職はないこともあります。大きい病院では科ごとに看護師長がおり、その上に統括する形で総看護師長・看護部長があります。看護主任、看護師長は中間管理職ともいえる、病院と看護師など看護スタッフの橋渡しになる位置にいるものです。

【看護主任】
10年程度の看護師歴のある人のなれる管理職です。看護師長の一つ下の位置づけになります。主任になれば、役職手当も付きますので、給与面では優遇されますが、それに伴う責任と職務は非常に重要です。看護主任の仕事には以下のようなものがあります。
・看護師長の補佐および職場の運営、看護スケジュールの管理
・スタッフの支援、看護学生や研修生への学習研究の補助
・スタッフの各傾向を分析し、看護方針などや業務量の把握
・看護スケジュールの運営状況の把握とスタッフへの認識
・看護案の方針、目的などをスタッフに徹底させ、目標を達成すること
・資源の有効利用
・スタッフのモデルとして看護を実施し、改善すること
・継続介護の自らの実施とスタッフへの指導
・向上心のある職場づくり
・看護倫理の自覚とその行動
・看護研究の自らの推進とスタッフ研究の支援
・事故防止と事故発生時の対応
こうしてみると実に様々な職務が課せられています。看護主任は立場的には看護師長よりも一般の看護師に近い立場で、自ら看護も行いながら、他スタッフの管理、指導等を行う必要があります。働きやすい職場かどうかは看護主任の働きによるものが大きくなってくるでしょう。

【看護師長】
各科(病棟)ごとにおり、病棟の看護の質の保障や改善、各看護スタッフが実力を発揮できる環境づくりとそのサポートを行って行く必要があります。看護主任よりは一段高い目線から全体的に看護師を管理します。看護師長の仕事は以下のとおりです。
・看護スタッフ全体の能力開発と育成
・創造的な看護のできる職場環境づくり
・中間管理職としての病院経営への参画
・各看護主任の立てた目標や看護スケジュールの目標の明確化と達成
・看護スケジュールの効率的運用と組織体制の整備
・高品質な介護の提供とその継続・改善・評価
・看護スタッフの健康管理
・看護研究の推進・支援
などです。より、病院よりの位置を示しながらも、各介護スタッフへの配慮を欠かさない、細やかさと現場から上がってくる声を上司に相談する橋渡しとなります。

以上、中間管理職について述べてきましたが、総看護師長、看護部長ともなれば、大きな発言力を持ち、看護師のキャリアアップの頂点とも言える職になります。このような人的な資質を磨くキャリアアップもあるということです。

http://www.nurse-life.net
看護部長の仕事内容や必要とされるスキルについてまとめてあるサイトです。看護部長を目指しているなら、読んで損はないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です